スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

ワークアウト

昨日偶然こんな動画を見つけました。

【フォーム・チェックしてみよう・チャレンジャー】
http://www.youtube.com/user/eipublishing#p/c/3F3587C6D7889928/9/0ks_SrfpvZM

Running Style』というランニング専門誌が企画し、
誌面と連動している動画みたいです。
講師は『「体幹」ランニング』でお馴染みの金哲彦先生です。
先生が生徒さんの癖を指摘して
ワークアウト等を行ってフォームの修正をします。
生徒さんは年齢・走歴・レベルが違うけど、
皆さんワークアウト後にフォームが改善されるので驚きます。
関連動画はいくつか上がっていて、
一気に見てしまいました!


最近『Running Style』のバックナンバーを
古本屋で購入したばかり。

Running Style(ランニングスタイル)10 (エイムック 1458)Running Style(ランニングスタイル)10 (エイムック 1458)
(2007/12/03)
不明

商品詳細を見る

しかもこの号の特集は『フォーム・チェック』なので
私的にタイムリーな動画でした。
雑誌では癖を4パターンに分けて
その原因と改善するためのワークアウトが書かれてました。
ランニング初心者向けに構成されていて分かりやすく、
ワークアウトの負荷も私でもできそうなレベルです。

でも・・・・・・・ワークアウトって何?
『ワーク・アウト』・・・・・直訳すると仕事外?!?!?!
・・・・・・・・残業のことか!!!!
走った後に筋トレをするトレーニングの事かな?
(私は英語が苦手です、っていうかできませんww)

分からないことはグーグル先生に聞く!
調べたら次の事が書かれているサイトを見つけました。

■ワークアウト
英語で表記すると「Workout」となります。
すなわち勤務(Working)スケジュールの外(Out)の時間帯で行うことで、この様な名称になっていますが、意味はフィットネスエクササイズ全般を指しています。
トレーニングと違うのは単純にある機能を向上させるために行う行為だけではなく、体調を整えたり、身体機能を正常に保ち続ける行為も含まれるので、ワークアウトの方が人としての健康なベースとなる機能改善をまず大切にしていくことを重視しています。

トレーニング専門用語集
※リンク先に飛ぶとウィンドウがリサイズされます※

要するにワークアウトとは怪我をしない体作りって事か。
確かに雑誌でも動画でも
『今のフォームだと負担がかかって故障の原因になる』
みたいなこと言ってたなぁ。
(ちなみに『workout』を直訳すると『練習』って意味らしいです)
(知らなかった・・・・・w)

動画を見ながら部屋の中で一緒にワークアウトを行いました。
そしたら無性に走りたくなって家を飛び出しました!
今日は走るつもり全然なかったのに(笑)
雑誌を読んで体幹の筋肉が弱いって分かったので、
最近は姿勢に注意しながら走っていました。
今日は動画を見てトレーニングを始める前に
でん部と腕フリのワークアウトを追加。
そして走ってるときには
重心の位置と腕フリに注意しながら行いました。

・重心の位置→ヘソの下に重心があるよう意識する
・腕フリ1→肩の力を抜いて肩甲骨が動いているよう意識する
・腕フリ2→腕を引く時にアクセントをおく

たったこれだけなのに足の運びがスムーズで楽です。
雑誌も分かりやすかったんですが、
動画で実際の動きを見れるので頭に入りやすかったからかな?
腕フリも動画を見ながら鏡の前でやって
正しいフォームを確認できたのが大きいと思います。

走り終えて家でタイムを調べたら
以前よりも1km当りのタイムが40秒縮まり
距離も伸びて初の4kmです!!!
最後の方はバテ気味で速度も落ちてましたが、
5km走るっていうのも見えてきました!!!

さて問題は右膝の痛みが出たって事。
前回走った時から後半痛みを感じるようになりました。
フォームを改善すれば出ないようになるかな・・・・

2010.07.03(Sat) | ランニング日記 | cm(0) | tb(1) |

Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
この記事へのトラックバック
-
管理人の承認後に表示されます
2012-05-07 Mon 11:37
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。